法律相談担当のお知らせ(上士幌町・秋のすずらん一斉相談)

北海道弁護士会連合会の事業として行われる「全道一斉すずらん無料法律相談」において、岩田明子が上士幌町での法律相談を担当いたします。

これは、主に弁護士が常駐していない道内の自治体に、弁護士が出張して無料法律相談を行うという取り組みです。

詳細は下記のとおりとなります。

日時:平成29年10月18日 午後1時~午後4時

場所:上士幌町山村開発センター 第3研修室

問い合わせ先:上士幌町役場 企画財政課(電話 01564-2-4290)

 

ちょっと聞きたいことがあっても最寄りの法律事務所まで行きにくい、弁護士に相談をしたいがどこへ行けばよいか分からない、といった方々からのご利用をお待ちしております。どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 

法律相談担当のお知らせ(清水町・秋のすずらん一斉相談)

北海道弁護士会連合会の事業として行われる「全道一斉すずらん無料法律相談」において、岩田圭只が清水町での法律相談を担当いたします。

これは、主に弁護士が常駐していない道内の自治体に、弁護士が出張して無料法律相談を行うという取り組みです。

詳細は下記のとおりとなります。

日時:平成29年10月18日 午後1時~午後4時

場所:清水町役場 1階 町民相談室

問い合わせ先:清水町役場 町民生活課 住民活動係(電話 0156-62-1151)

 

ちょっと聞きたいことがあっても最寄りの法律事務所まで行きにくい、弁護士に相談をしたいがどこへ行けばよいか分からない、といった方々のご利用をお待ちしております。どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 

第20回弁護士業務改革シンポジウム第5分科会「新時代における小規模法律事務所の経営ノウハウ~事務所経営のビジネスモデルを探る~」のご案内

平成29年9月9日、第20回弁護士業務改革シンポジウムが東京大学本郷キャンパスにおいて開催されます。

同シンポジウムでは、9つの分科会および1つのセミナーに分かれて議論がなされますが、うち第5分科会「新時代における小規模法律事務所の経営ノウハウ~事務所経営のビジネスモデルを探る~」の総合司会を、弊事務所の岩田圭只が務めます。

皆様のご来場を心からお待ちしております。

詳細につきましては、日本弁護士連合会ウェブサイトの該当ページをご参照下さい。
https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/170909.html

 

 

夏期休業のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、深く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ではございますが、弊事務所は、平成29年8月14日(月)から同8月18日(金)まで夏期休業とさせていただきます。

平成28年8月21日(月)から通常どおり営業いたします。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒、ご容赦を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

岩田明子が執筆した記事が『Chai』2017年7月号に掲載されました

岩田明子が執筆した記事「一人で悩まないで…Chai法律相談 103」が『Chai』2017年7月号(十勝毎日新聞社)に掲載されました。

隣地に家が建った場合のプライバシーに関する問題について回答しています。

掲載誌につきましては下記リンクをご参照ください。
http://kachimai.jp/chai/

 

 

岩田圭只が執筆した記事が『自由と正義』2017年6月号に掲載されました

岩田圭只が執筆した記事「全員野球の精神」が『自由と正義』2017年6月号(日本弁護士連合会)に掲載されました。

各弁護士会・弁護士会連合会の2016年度の回顧と展望の一環として、釧路弁護士会の1年間の活動について紹介しています。

掲載誌につきましては下記のリンクをご参照ください。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/publication/booklet.html

 

 

新年度を迎えて

今年も早くも4月となり、新年度を迎えることとなりました。

さて、当職は、2016年度の釧路弁護士会の副会長を任ぜられることとなりました。当会は、4月1日時点で76人の会員を擁する小規模な単位会ではありますが、司法制度改革の影響は否応なしにこの地方にも及んでおり、弁護士会としての課題もなお少なくはないところです。

新年度を迎えるに当たって、早速、司法制度改革と「法の支配」という記事を書かせて頂きましたが、このような時代であるからこそ、これまで当たり前だと思っていたことであっても、改めて問い直してみる姿勢を忘れてはならないのであろうと感じております。

また、何かと宜しくない話題の多い法曹界ではありますが、まだこの道へ進むであろう方々も少なくはないでしょうから、個人的には、日頃の活動を等身大にてお伝えすることに心掛けると共に、なおこの仕事の魅力をお伝えできるような話題を多少なりとも提供して参りたいと存じます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

弁護士 岩 田 圭 只

 

法テラスご利用時のご案内

当事務所では、日本司法支援センター(法テラス)による民事法律扶助事件の取扱いをしています。

ただし、法テラスが費用の支払いに関与するため、次のような制約がございます。大変ご不便をお掛けいたしますが、ご理解を頂きますようお願い申し上げます。

 

法律相談について

民事事件・家事事件について、無料法律相談を行っています。

ただし、無料法律相談の実施は、法テラスの定める収入及び財産の基準を満たしていることが必要となります。これを満たさない場合は、当事務所の定める相談料(30分あたり税込5400円)を申し受けます。気になる場合は、事前に法テラスにご相談を頂くか、当事務所に法律相談の申込みをする際にその旨お知らせ下さい。

なお、法律相談が無料となるのは同一事件について3回までとなります。

 

代理援助事件について

相談の結果、受任が相当と判断される場合はご依頼をお引き受けいたしますが、この場合の弁護士費用については法テラスによる立替払いを受けることが可能です。

ただし、立替払いの実施には法テラスの定める収入及び財産の基準を満たしていることが必要となりますので、収入及び資産に関する資料のご提出をお願いしております。なお、基準を満たさない場合は、当事務所の定める弁護士費用を申し受けます。

また、代理援助事件の弁護士費用は法テラスが決定しますので、代理援助申込みの時点では弁護士費用が一律に定まらず、概算でのご案内となる場合があります。

その他、立替金額が高額となる場合には審査に時間を要する場合がございます。また、毎月の償還額についても3年以内で完済できる支払額を求められることがございます。

このように、立替払制度の利用時には法テラス側の都合によりご不便をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒、ご容赦を賜りたくお願いを申し上げます。